本展の監修は、世界でもトップクラスの収蔵品を誇る「福井県立恐竜博物館」と、国内最大の恐竜化石産地である同県の恐竜研究拠点「福井県立大学恐竜学研究所」。最新の研究成果を踏まえて、多くの人々を魅了してきた「驚異の肉食恐竜・ティラノサウルス」の姿に迫ります。


ティラノサウルスの起源

ティラノサウルスの仲間は、全長数メートルの存在から1億年以上もの年月をかけて、食物連鎖の頂点に至る進化を遂げます。ティラノサウルスが分類される、二足歩行の肉食恐竜グループ「獣脚類」の紹介とあわせて、ティラノサウルスに至る進化の道筋をたどります。


ティラノサウルスがいた時代

トリケラトプスやエドモントサウルスなど、アメリカのヘル・クリーク層で発掘された、ティラノサウルスが生きていた時代の恐竜とその仲間たちを紹介します。